消費と愛着

私は死ぬなら土葬がいい。

焼かれる前にどんな服を着とくか考えるけど、思いつかない。秀逸なゾンビ映画は衣装さんの仕事ぶりが映える。それぞれのゾンビに生前を偲ばせるアイテムを身につけさせ、人間らしさの名残を感じさせているからだ。薄汚れたスエードのフリンジショルダーとか蓋の無いロケットのペンダント、泥だらけの千切れた絹の髪飾り。男性の靴や靴下、カフスや腕時計でどんな生活をしていた人間だったか感じとれる。

日本では死ぬときに無になるのが美しいとされている。身体は無断で浄められて、カリカリの白いガウンみたいなもの(下着はどうなるの⁈)を着せられて。着火すれば一瞬で肉や血は乾き、骨と粉になる。

あ〜、なんか私は嫌だな

人生色々あるのに。

昔は高度医療は無く、神秘主義や言伝えの施術レベルだし、疫病や雷は神の怒り云々、の時代だから、曖昧な死亡認定されたあと、棺桶や土の中で蘇生する人も沢山いた。ゾンビの話のアイデアのひとつに、19世紀あたりに仮死状態から蘇生した人を、死の世界から甦った邪悪なものだと村では退治したという話が実際ある。

ノルウェーで第二次世界大戦後、衛生面考慮でラップに包まれて埋葬されたが、現在まで遺体が全く腐らないため、いまや国内で埋葬する場所がなくて困っているそうです(コロナよりずっと前の話)。みんなレーニンみたいな状態なんでしょうかね。

最近盛んに、日本の高齢者が家族に迷惑をかけないようにしよう!みたいな啓蒙をされていて、死後の段取りを大学ノートに思い描いている事がわたしは切ない。辛いことや苦しい時は誰かに支えてもらう必要がある。死んだら我々の身体はどこかの土に還ることができるのだから、心配は無用だ。

プラスチックストローは何百年も生き続ける。あなたが使っているかもしれないサラ〇ラップとかク〇ラップ系。ポリ塩化ビニルも有害な物質です。

未来や人間にとって本当に迷惑な事は、私達が軽い気持ちで消費するゴミ達が、私達よりもずっと強くしぶとく生きていく現実だ。

今夜私は、Google earthで古墳やピラミッドを見て人間の小ささを思い知ることにしよう

My name is.

わたしの母は、自分の名前が嫌いだという。それもその筈、違う名前で出生届を受理されてしまったらしい。役人に、“ち”を“つ”と読み間違えられて、彼女はその名前のまま今に至る。赤の他人を恨んではいけない。

なぜ女性は結婚すると名前を変えなくてはならないのか、子供の頃から不思議でならなかった。小学生のときは好きな人の苗字と自分の名前をくっつける、そんなゲームを女子はしていた。そのころは単なる純粋な気持ちで。

去年、区役所の住民票に「旧姓」を載せる手続きをした。私が事業主と証明をする為提出した書類は全部旧姓。事業を17年継続している“私”という人物と、結婚した現在の“私”が結びつかないらしい。電話では旧姓を抹消しないと手続きができない、申請が認められない、となったので、役所で“私”という“あなた”が同一人物である証明をせよ、ということに。憔悴する私を見たお役所の方は不憫に思ってか「住民票に旧姓を併記できるようになりましたよ」と教えてくれた。何も知らなかった私は「このまま旧姓を載せないとどうなりますか」と聞いてみたら、「今の法律ではご本人と証明できないかもしれません」

“私”が消されないように、パスポートはずっと旧姓のままにしていた。このままでは出国できないけど、旧姓が併記になるまで待とうと思っている。

結婚に愛情があれば我慢できる、そんな問題ではないと思う。サインしたその日から公的書類には見慣れない名前。いきなり何かの台本を渡されて、その役を与えられたかのように、呼ばれたらすぐ立ち上がらなければならない。

愛があれば、、、受け入れることができる?旧姓を捨てないのは愛が足りない、、、?

男に依存せずに自立せよと育てられたのに、結婚したら女性は名前を捨てなければいけない。新しい名前の違和感はまるで、小学生の頃にお邪魔したお宅のスリッパや洗面タオルに刺繍してあるアレみたいな。ジョルジオバレンチノ、ジャンニバレンチノ、マリオバレンチノ、バレンチノジョバンニ、ルドルフバレンチノ、、、おお、スリッパよ、お前は一体、誰なんだ。

モーツァルトが聴きたくなってきた。

親が私たちの誕生を楽しみに授けてくれた名前は“わたし”という言葉以外にあなたを表現するもの。この世に一つとして偽物はないのです。

現代の個人や企業にとって、名前は一番価値のあるものだと、わたしはつくづく思うのです。

追記)今年の4月からパスポートは旧姓併記が可能になると、2020年12月に発表があった模様。